ピアノ教室が地域で上手くアピールするためのオンライン集客・広告手段

ピアノオンライン教室の集客と運営方法
習い事教室で年収を劇的に増やすためのネット集客方法を学びませんか?

口コミだけでピアノを習いたいと思う生徒さんが増えるのはもう時代のニーズに合っていないことはご存じですよね?

 

今はスマホでカンタンに自宅近くのピアノ教室や有名なピアニストを育てるスクールがネットの評判によって書き込まれている情報をみて新規の見込み生徒さんたちは体験レッスンをうけるような時代です。

 

今回はネット集客方法を使って教室の広告や集客をもう一度時代にニーズに合わせて紹介していきます。

 

オンラインのピアノレッスン導入後のスクールビジネスのこれからの課題?

個人のピアノ教室経営者が見様見真似で無料で作ったお教室のHPやブログ、格安のHP制作業者に依頼して作ったお教室のHP、アメブロ、はてなブログ、NOTESなどの無料ブログを使って宣伝しているお教室のブログ、インスタやツイッター、facebook等のSNSを使ったお教室のページ、いろいろ見かけられるようになりました。

 

またコロナの影響でyoutubeで動画を流し、その収益を生活費やお教室運営に利用することも流行りつつあります。

 

趣味程度で個人が情報をネットで自由に流せるようになり、このようにお教室の運営者がなんとなくHPやブログで生徒募集をしても十分な集客効果を得ることができていないお教室が増えています。

 

習い事教室やスポーツスクール、カルチャーセンター等のお教室単位で同じようなオンライン教室を作ってもそれが実質的な収入アップに直結する運営になっていないお教室も多く、これがコロナ以降の影響下でのスクールビジネスの課題となっています。

 

オンラインで動画を流しレッスンができるようになれば、場所・地域に関係なく、日本中・世界中から生徒さんが希望するレッスン内容・講師によってどの教室を選ぶかという選択枠がかなり広がったことが一つの原因です。

 

このようなオンラインビジネスを成功させ、お教室の収益をアップさせ長期的に安定させるには、今までのように何となくお教室のHPをつくって情報を時々ネットでアップしている時代は終わりました。これではその他多くのスクールビジネスを運営している団体~個人単位までがライバルとなってしまうのです。

 

さて、この問題をクリアするにはどのようにお教室の集客について考えていけばいいのでしょうか?

 

生徒さんは情報をネットで探すことが最も簡単ですぐにできる方法なので、このネットを使ってあなたのピアノ教室を他の競合するお教室と差別化をし、集客・宣伝する必要があります。

 

それでは実際にネット社会で、ある法則の元にピアノ教室でもオンラインレッスンを導入sるための集客を行い、お教室の運営を黒字化させることに成功させた「ブログ集客術」の情報を公開します。

ピアノ教室でオンラインレッスンを宣伝するためのブログ集客術と手順

ネットを媒体としてピアノ教室の情報を探す見込み生徒さんが大半であるということをお伝えしてきました。

 

このネット集客というとカンタンに思い浮かべるのは、

 

    ホームページのSEO対策をする
    毎日ブログを更新する
    ツイッターやインスタに何個のハッシュタグ#をつけて投稿する
    youtube動画を毎日発信する

    といったようなことがネット情報でたくさんでてきます。

     

    たしかにこの3つの方法はブログやHP、SNSを使ってピアノ教室の生徒さんを増やす方法の1つでありますが、その方法だけではITやAIの常識を考慮すると他のお教室と比較すると同等レベルになってしまいます。

     

    実際に私自身もスタジオでのバレエ教室を開業し、オンライン教室も同時に開き、計画的に時系列とともにお教室の収益は右上がりになっています。

     

    自分のお教室の宣伝方法、集客方法を振り返り、次のようなことがブログ集客術と同時に生徒数を増やしためにやるべき次の2つの重要なポイントに<連動させる仕組み>の存在に気づきました。

     

    ネットを媒体とするお教室の集客術に必要な手順

    1見込み生徒=ターゲットを絞り込む

    2見込み生徒に体験レッスン、特典等をつけ入会に誘導させる

     

    1,2をうまく連動させるためのネット上の情報拡散のためのHPとSNSの複合的な仕組みが必要になることに気が付きました。

     

    私は実際にバレエ教室やオンラインレッスンで生徒さんを徐々に増やしたり、オンラインレッスンに関する教材の売上の結果は、この<ブログ集客術でもっとも大切なネット上の情報拡散のための仕組みの流れ>を次のように把握してます。

     

     

    イメージ図からもわかるとおりに、ネット上で一番重要なのはピアノ教室のHPです。

    単体のHPを作っただけではお教室の拡散力はかなり低く、だれもお教室のことを知らないという状態です。

     

    ではHPに生徒さんを増やすためにどのようなネット上のサポートが必要だかイメージ図からわかりますか?

     

    HPには、ブログ、検索エンジン(グーグルやヤフー他)、ブログランキング、SNS(ツイッター、facebok, インスタ)からネット上の力<=検索力、相互リンクといいます>を送ることで、最終的にバレエ教室のHPのネット検索上の力を強くサポートしています。

     

    つまり、

    1情報拡散力の高いツイッターやインスタ、フェイスブック、検索エンジンやブログランキングからあなたのバレエ教室の情報が欲しい見込み生徒さんにリーチをかけ、あなたのお教室のHPを検索にヒットさせます。

     

    2バレエ教室のHPやブログに書かれているお教室の目的・理念を理解し、共感してもらうことで、体験レッスンへ誘導し最終的に入会へ誘導できるというネット検索の流れをもっとも重要視しています。

     

    このように、ブログ集客術の「仕組み」を使ってピアノ教室を他の同業者よりも一歩も2歩も先に見込み生徒さんを集めるには、ただお教室のブログやHPを作る、またはSNSだけで生徒募集を行うだけでは、ネットを使った集客方法では効果がかなり薄く不十分なことが理解できます。

     

    HPやインスタ、フェイスブック、youtubeまたはアメブロで定期的に生徒募集やお教室の様子をアップしているのに、新規生徒さんが一向に増えない=お教室の収入が安定しないという不安を抱えている人たちの原因がここ、ネットの検索の仕組みと流れを利用したブログ集客方法が不十分だからです。

     

    オンラインレッスンでも同様です。生徒さんを増やすには、このようにネット検索の流れを理解し、HP、ブログ、ブログランキング、SNS、youtube、検索エンジン、SEOを全て組み合わせることで、十分な新規生徒さんの数を集めてお教室存続へ導くことが必要です。

    ピアノ教室でオンラインレッスンに必要なネット集客術の2つのルール?

    さて、ピアノ教室で新規生徒さんを増やしていくWEBの仕組みと流れについて理解できたと思います。

     

    次に考えることは。ではどうやってこのWEBの仕組みと流れを利用しHP作りを実行していくかその具体的な方法について軸となる2つのルールについて解説していきます。

    1. 見込み生徒さんがネット検察する<悩みキーワード>をリサーチ(マーケティングする)

    2. その悩みキーワードを使って教室のブログ・HPを作り、ネット検索上位に表示させる

     

    ピアノ教室をネット検索している生徒さんが検索している悩みキーワードが分かればあなたのHPが検索上位にヒットする!

    ピアノ教室を探している見込み生徒さんがネット検索して体験レッスンや教室、先生の評判を探しているときに、どのようにスクールを探すか?考えたことありますか?

     

    例えば、バレエでは足が高く上がらない生徒さんは、なんとか足を上げるためのストレッチで今よりもできるように情報をスマホで探します。

     

    また太ももが太い人は、バレエをやりながら筋力をつけて脂肪を減らすためにタンパク質の飲み物や、ダイエット商品を探しています。

     

    このように生徒さんがどのような悩みキーワードを入力してネット検索しているでしょうか?

    これが分かればその内容をHPやブログに書いてあなたの教室へ新規生徒さんを呼び込ことができます。

     

    これはブログ集客術をつかって生徒集客を成功させた結果論なのですが、こういった悩みをもっていてピアノすでに習っている生徒さんは、例えば次のような悩みキーワードでネット検索をしています。

     

    ピアノ教室を探している人の悩み検索キーワード例
    ➡ピアノ、保育士、できない
    ➡ピアノ、大人初心者
    etc…

    というキーワードで検索することが多いんです。

     

     

    実際にネットで<ピアノ、できない、保育士>のキーワードを検索してみると、「ネット検索上位表示」から情報がヒットしています。

     

    例えば上の検索エンジン(グーグル)でグーグルで調べてみると、広告を除いて1位になっているサイトがあります。

    保育士はピアノが弾けないとダメ?ピアノが苦手な保育士はどうするべきか。 | 保育のひきだし ~こどもの可能性を引き出すアイデア集~
    保育士はピアノが弾けるというイメージを持たれることが多くあります。実際に保育の中で、子どもと歌をうたう時にピアノを弾く場面はありますし、保育士資格の取得を目指す学校ではピアノのカリキュラムがありますね。 では、ピアノが苦手だと保育士として働けないのでしょうか?

     

    どうでしょう?

     

    普通はこの上位表示されたHPから、特にピアノを弾くことが保育士になるために必要なことが書かれているHPの情報になります。

     

    その結果、一つの例として保育士になりたい人を呼び込むための、記事書きやブログつくりができればあなたの教室にお問い合わせが多くなったり、体験レッスンのお問い合わせが多くなったりします。

     

    これが「HPを使った集客率を劇的にアップさせ、ターゲット=見込み生徒さんを体験レッスンへ誘導し、最終的に入会まで成功させるための重要なルールだと私は考えます。

     

    またちょっと専門的なことになるのですが、ネットマーケティングの専門家たちの間では、このスマホで検索した時にヒットするHPやブログの1位~3位のHPにアクセスが集中するという結果も出ています。

     

    つまり、見込み生徒さんはスマホを使って簡単に欲しい情報を検索します。ヒットした上位3つ目までのサイトにアクセスして欲しい解答を得ているということになります。

     

    このIT界の常識を利用し、逆にあなたのオンラインのバレエ教室のHPホームページで見込み生徒さんが検索しそうなキーワードをリサーチし、ネット検索上で1~3位になるように技術を使うんです。

     

    こうすることで、ピンポイントで悩んでいる見込み生徒さんにあなたのお教室の存在を知ってもらい、必要な情報を提供する事で、ピアノへの興味を持たせ体験レッスンへ誘導させることができる流れを作っていきます。

     

    オンラインのピアノ教室のHPの認知度を劇的にアップさせ集客を成功させる2つの方法

    オンラインのピアノ教室のHPの認知度をネット検索上で劇的にアップさせ集客を成功させるには次の2つの方法を用います。

    1. 有料の検索エンジン広告を利用する

    2. ネット検索でHPが表示させるための<ブログ集客>を学びHPを作る

     

    1.有料の検索エンジン広告を利用する方法は、ある程度資金を事前に用意しておく必要があります。

     

    グーグルやヤフー広告が有名で、これらの検索エンジンに広告費を支払い、見込み生徒さんが検索しそうなキーワードを指定し、そのキーワードが検索されたときにあなたのHPが1位に表示されることになります。

     

    選ぶキーワードにもより広告費が違ってきますがネット検索で1位に表示されるためかなりお教室の認知度アップから新規生徒の獲得までかなり有利になります。

     

    もう一つの方法は、自力でHPを作り、正しいブログ集客方法を用いSEOの技術も同時に使いながらグーグル等の検索エンジンやAIによってあなたのHPを「検索した人にとって有益な情報を更新しているHPである」と判断されるサイトを作ることで、あなたのお教室のHPが上位表示されるようになります。

     

    この方法は正しい<ブログ集客方法>を学びHPを作っていけば、かならずあなたのお教室のHPがネット検索エンジンで上位に表示されます。また広告費もかからないためお教室開業でそれほど資金がないバレエの先生もできるようになります。

     

    このように、検索エンジンで1~3位にあなたのバレエオンライン教室のHPやブログが表示されることで、新規生徒さんを呼び込む集客方法で最も有効な手段といわれています。

    最後に<あなたのピアノ教室で習いたい💛>と思わせるHPをつくる技術を学ぶには?

    グーグルやヤフーの検索エンジンでネット検索1~3位にあなたのピアノ教室のHPやブログが表示されることで、より多くの見込み生徒さんにあなたのバレエオンライン教室の存在をリーチすることができます。

     

    その後実際にあなたのHPを見てから➡体験レッスンやお問合せへ確実に誘導させるには1段階アップさせることが必要です。

     

    このつなぎ=誘導させる有効な方法って知ってますか?

    見込み生徒さんがあなたのHPをクリックして現れた情報に対して共感をさせ、納得させる文章力が必要になってきます。

     

    ネット社会では対面でのコミュニケーションがないため、見込み生徒さんをお教室の理念やレッスン内容に納得してもらい、共感を得、もっと情報を知りたいと思わせるための技術が必要になります。これを<コピーライティング>といいます。

     

    コピーライティングやキャッチコピーであなたのお教室へ誘導させ、あなたのバレエ教室に入会すると○○なことができるようになる、悩みが改善するという夢を実現させることがイメージできるように納得させることが体験レッスンへつなげる有効な繋ぎになります。

    最後にピアノ教室やオンラインレッスンの効率的なネット集客をまとめました

    これまでピアノ教室が認知ネット検索で認知され、新規生徒を増やすためのネット使った効果的で効率的な集客の流れと仕組みを考えてきました。

     

    お教室のHPとその他のブログ、SNSをそれぞれつなげて検索エンジンに上位表示させることで、あなたのお教室に興味のある新規見込み生徒を多く集め、お教室の体験レッスンを通し入会までいかにうまく誘導していくか?という一連の流れに必要な技術を公開してきました。

     

    ただ何となくHPをシロウト感覚で作ったりやアメブロやフェイスブック、インスタやツイッターでお教室のことを宣伝するだけの無駄な時間を使って効果の薄い宣伝をするのはやめて、正しいブログ集客方法を学び、あなたのお教室に新規生徒を増やす仕組みをもう一度作ってみませんか?

     

    きっと今よりも多くの生徒さんが必要とするお教室がつくれるはずです💛

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました